History フランチャコルタの歴史

フランチャコルタは、イタリアワイン法で最高峰のクラスD.O.C.G.認定。でも、実は比較的最近誕生したワインです。その成功の軌跡とは?

フランチャコルタの由来と歴史

フランチャコルタの呼称には長い歴史があり、いわゆるコルティ・フランケ関税免除の領地(ラテン語名curtes francae)に結びついています。11世紀にこの地にクリュニー会修道士たちがやって来てから、この領地は関税を課せられない自由貿易の地となりました。それが呼称の由来となっています。
“フランヅァクルタ”という地名は都市国家ブレーシアの1277年の年報の中で、オリオ川を西端、ヴァル・カモニカの渓谷とヴァル・トロンピアの渓谷を分けるラエティア・アルプスの分脈の端を東端とする地域を確認するために初めて使われています。原産地呼称フランチャコルタの領域の北の境界はイゼオ湖、南の境界はオルファノ山です。

フランチャコルタの地域では、16世紀から高級ワインが造られて来ましたが、現代の歴史は1961年から始まります。当時は11の生産者、葡萄畑の総面積29ヘクタール、生産量はピノ・ディ・フランチャコルタが2.000ヘクトリットルでした。

1967年

共和国大統領令により、フランチャコルタの産地が統制原産地呼称(DOC)の認定を受けました。

1990年3月5日

29の生産者を発起人として、フランチャコルタ・ワイン品質保護協会が設立されました。

1991年

3月にフランチャコルタ生産技術規則が承認され、11月にフランチャコルタの商標がイタリアで登録されました。

1993年

新しい生産規則は発泡を起こす方式として、自然な瓶内二次発酵だけを使う事を義務付けています。メトド・クラッシコの表記は廃止され、葡萄栽培地域の義務が導入されました。

1995年

協会のロゴがフランチャコルタDOCGの唯一のマークとなりました。イタリア産ブリュット初のDOCG統制保証原産地呼称を認定されました。同年9月、協会はフランチャコルタDOCG生産規則を承認しました。

1996年

協会加盟生産者の要望により、フランチャコルタ領域内の葡萄栽培・ワイン生産規範が承認されました。それは先述の生産技術規則を向上させた自主規制のルールであり、原産地呼称生産規則より更に厳しい制限が課せられます。すべての生産者はDOCGを証明するために国が発行する帯封を受け取る事になりました。

1997年1月1日

DOCGを証明するために国が発行する帯封をボトルに冠したフランチャコルタ初のワインがリリースされました。

2002年

特別な名声を確立した事から、CE 753/02の新規則により、フランチャコルタのワインは“フランチャコルタ”という言葉だけで、DOCG表記も含む他の言葉を一切付け足さずに、このワインを明示する事ができるようになりました。

1995年、フランチャコルタは瓶内二次発酵方式のみで造られるイタリア・ワインとして初めてのDOCG統制保証原産地呼称の認定を受け、フランチャコルタの生産方式が認められたため、同年から“スプマンテ(発泡性ワイン)”という表示は使わなくなりました。現在、ラベルにはフランチャコルタの原産地呼称のみが表記され、この呼称だけで生産地の領域、生産方式、ワイン名を表します。ヨーロッパ中でこの特権を持つのは10の原産地呼称だけで、その内、瓶内二次発酵で造られるものは3つしかありません。カヴァ、シャンパーニュ、フランチャコルタです。長い歴史を持つ数々のワイナリーが現在ではテクノロジーを駆使したワイン造りの殿堂として近代的な醸造設備兼ね備え、様々なタイプのフランチャコルタ(ノン・ミッレジマート、ミッレジマート、ロゼ、サテン、リゼルヴァ)を造っており、また、クルテフランカDOCの白と赤、セビーノIGTのようなフランチャコルタ地域のスティル・ワインも造っています。

評価と認知度について

フランチャコルタは瓶内二次発酵方式で造られたワインの鑑として、イタリアのワイン・ガイドブックでも認められています。主要なワイン・ガイドブックの最新版でも、フランチャコルタはランキングのトップクラスを占めており、あらゆるガイドブックで軒並みトップ50に入る銘柄が増え続けています。
イタリア・ソムリエ協会が公式パートナーとしてフランチャコルタを選んだことも、メイド・イン・イタリーの卓越したアンバサダーとも言えるこのワインが到達した質の高さの証です。

パートナーシップについて

クリスマス・パーティーのような特別なシーンだけでなく、デイリーなシーンでも、フランチャコルタの人気は高まっています。

タイプを選べばお料理との組み合わせは限り無く広がりますから、お食事を通して楽しんでいただけます。イタリアの伝統的郷土料理から国際的な名声を博すシェフの手によるモダンな料理にまで組み合わせていただけます。

フランチャコルタとイタリア・スローフード協会の間で締結されたパートナーシップ・アグリーメント

イタリアのワインと食における最も権威ある舞台(サローネ・デル・グスト、チェーネ・デッラッレアンツァなど)で“美味しさ”と純正さを主役とする特別企画を実行するべく、その方向に動いています。

イタリア・ファッション評議会とのパートナーシップ

フランチャコルタはハイエンドな高級品の分野において、確立したポジショニングに相応しい他分野の新セグメントとの提携にも力を入れています。マセラッティ、ポルシェ、メルセデス・ベンツのような高級車メーカーとの提携やイタリア・ファッション評議会との重要なパートナーシップを締結しました。3年間に亘り、レディーズとメンズ共に、ミラノ・コレクションのファッションショーでフランチャコルタが乾杯用のオフィシャル・ワインとなります。
クラフツマンシップ、エレガンス、クオリティーという概念を共有する分野と手を携えて、世界に誇るメイド・イン・イタリーの特質の認知を高めることが目的です。

お酒は20歳になってから。未成年者への酒類販売は固くお断りしています。