フランチャコルタのカンティーナをご紹介「サン クリストーフォロ」

sc_banner_001『フランチャコルタ』はイタリアワイン法で最高峰であるDOCGの認定を受けたスパークリングワインです。

ヨーロッパ全体でワインのラベル名だけで原産地から製造方法、ワイン名までが特定できるワインは10箇所しかなく、その中の1箇所がこのフランチャコルタです。

そのワインを造るカンティーナ(作り手)は現在120軒程です。 今回は、そのカンティーナの1つ「サン クリストーフォロ」の歴史や特徴などを紹介していきます。

「サン クリストーフォロ」の歴史と特徴

sc_cantina_004

実業家だったBRUNO・DOTTI(ブルーノ・ドッティ)が妻CLAUDIA(クラウディア)と1992年に始めたカンティーナで現在は、一人娘のCELESTE(チェレステ)も協力し、まさに家族経営のカンティーナです。
フランチャコルタの中心地エルブスコにあり、経営者自ら畑にでむき栽培、収穫、醸造までを管理しています。12ヘクタール所有のほとんどがエルブスコにあり、高品質のフランチャコルタを作るという一貫した考えの下、土壌・生産には常に新しいアイデアやテクノロジーを導入しながらも、ブドウ作りに変わらぬ情熱を捧げています。カンティーナは、ブドウ畑の下を掘り込んだ造りになっています。
ブルーノの哲学ともいえる、”自分が納得するものしか商品化しない”と言う考えと、自らトラクターに乗って、畑で働く姿はサンクリストーフォロの高い品質を保証しています。
フランチャコルタにおいては、辛口好みのブルーノの意向でサテンは作っていません。BRUT,BRUT・MILLESIMATO,PASDOSE’,ROSE’に加え、ND(ノン・ドザート)つまり、補糖やリキュールを加えず、しかも酸化防止剤もほぼ使わない、極めてナチュラルなフランチャコルタを商品化。フランチャコルタファンからは絶大な人気を得ています。

2016年のVinitalyで作り手として初めてのリセルヴァ・Celeste2008を発表、良年だけの生産で、約1,000本の限定生産です。

sc_cantina_003 sc_cantina_002

経営者の持つ想いとメッセージ

sc_cantina_001経営者のブルーノ・ドッティ氏は、フランチャコルタの地域をとても愛しており、幾千年もの時間をかけて育まれたこの地域の自然は、驚くほど様々な表情を創り出して見せてくれると話します。

フランチャコルタへようこそ。

フランチャコルタはヨーロッパのミラノ近郊にある素晴らしい土地です。

幾千年もの時間をかけて育まれた自然は、驚くべきバリエーションと色彩に富んだ景色を創り出し、もっとも大切な宝を生み出しました。それが、ワインです。

土塊やカンティーナ、小さな丘や湖の片隅を寄り道したり、古い建物を彷徨ったり、グラスの中の泡を数えて遊ぶのは、新たなワインを見つけるきっかけになります。

カンティーナの扉を叩くことは、ありふれた乾杯のジェスチャーの裏にも、ひとつの世界がある事を知り、どこまでも広がる感動の扇を広げることにつながります。

それが、フランチャコルタです。ひとつの地域、ひとつのワイン。

私達は自分達の商品を、あなたがたの国へ送ることを決めました。なぜなら、ある日本人と知り合ったからです。彼らはフランチャコルタに暮らし、文化とフランチャコルタの伝統を融合させた料理を提供し、私達の味覚を驚かせ、感動させました。

私達の土地と私達の商品を、彼ら以上にしっかりと紹介できる人が他にいると思いますか?

bruno_yoshiその場所で丹精込めて育てられたワインはとても味わい深く、和食にも合うものとなっています。

ドッティ氏は、ある日本人料理人と出会い、フランチャコルタに合う料理を食べ感動し、日本での販売を決め、サンクリストーフォロのフランチャコルタを紹介したかった弊社メローネに託されました。

イタリア・ソムリエ協会が認めたワイン

フランチャコルタは瓶内二次発酵方式で造られたワインとしてイタリアワインガイドブックにも認められており、最新版でもランキングのトップクラスに君臨するワインで、軒並みトップ50に入る銘柄が増え続けています。

更にイタリア・ソムリエ協会が公式パートナーとしてもこのワインを選んだことで、評価・認知度において向上し続けています。

フランチャコルタは、ハイエンドな分野でもポルシェやメルセデス・ベンツなどパートナーシップを結んでおります。また、フランチャコルタは、2015年ミラノ万博の公式スパークリングワインでした。

イタリアの2つ星レストランで飲まれる「サン クリストーフォロ」のフランチャコルタ

gambero_rossoサン クリストーフォロは、フランチャコルタ地域の2つ星レストラン「ミラモンティラルトロ」で食前酒としてサーブされるフランチャコルタとして、高い評価を得ています。

また、サン クリストーフォロのフランチャコルタは、厳密な審査方法による信頼性の高い最高峰イタリアワインのガイドブック「ガンベロロッソ-イタリアワインガイド」に掲載されています。

日本では、京都の老舗料亭をはじめとする和食店味と素材にこだわる日本のイタリア料理店・ワインバーなどでお勧めスパークリングワインとして提供され、高い評価を得ております。

サン クリストーフォロのフランチャコルタは、イタリアの老舗ブランド「グッチ(GUCCI)」にもその実力を認められており、日本で唯一東京にある「グッチ・カフェ」では、フランチャコルタ ロゼ をグラス ワインとして提供されています。

個人で購入されたお客様が何度も購入されるなど、確実にサン クリストーフォロのファンが増えております。

サン クリストーフォロ フランチャコルタ 購入サイトはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です